rainman
 
Live scheduleDiscography MemberHistory DiaryPhotograph VoiceLinks
レインマンを誘ってみる
History

2001年にVO・daisukeの世界放浪の末、旅で出会った仲間たちに声をかけ3人で結成。2002年1月15日、初めてのLIVEを行う。 2002年から2004年にかけメンバーを増やし、ボーカル、ギター、ベース、ドラムに、パーカッションと単独のブルースハープを加えた、現在の、他に類を見ない奇跡の6人編成となる。

ブルースを基調としたロックの中に、レゲエ、ファンク、R&R等のさまざまな要素を、ジャンルの壁などを嘲笑うかのように自由に消化したバンドサウンド。
その上で、全ての精力を搾り出すように唄うdaisukeのボーカルが重なり、独特なグルーヴを生み出す。

2000年にdaisukeの手によって行われたインド・バラナシ、ガンジス川での船上ライブの経験をもとに、国内でも東京湾で3回、横浜港で2回の船上ワンマンライブを行い注目を集め、また、ヒッピームーヴメントが渦巻く全国各地の野外フェス(まつり)などにも積極的に参加。
ライブハウスに留まらない独特な活動方法で、さまざま人間層からファンを増やしていく。

2003年のCDデビュー(TOKUMA JAPAN)から5年間、1年に1枚のペースで新譜を発表。
2007年からの3年間はライブ活動を中心に各地を飛び回る。
2010年、サイケデリックなジャム要素を新たに加え、過去のアルバムとは一線画する通算6枚目となるアルバム「monsoon jam」を発売&配信。
2011年、タイ北部チェンダオで行われた「シャンバラフェス」に参加。少数山岳民族までもがrainman6人の音で踊りだす。帰国後、結成10周年記念ライブを東京青山にて決行。大成功をおさめる。
2012年、再びタイへ。九州ツアー等、各地で精力的にライブ活動を行う。

2013年12月30日、ライブ中、突然の解散を発表。
2014年3月22日のワンマンライブを以って、rainmanの12年に渡る旅に幕を閉じる。

せんきゅーまいふれん。



homeup